otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ベルギー当局、原子力発電所警備員の殺害報道(DH)で、テロとの関係性を全面的に否定

|

ベルギー警察当局は26日、ベルギーの原子力発電所に勤めていたとみられる警備員が自宅で死体となって発見、施設内にアクセスできるカードが盗まれたというベルギーメディア(DH)の報道を否定、殺された警備員と原子力発電所、及びブリュッセル連続爆破テロの関係を否定したことが国営放送VTMの報道で分かった。


当局はさらに、殺害された警備員は原子力発電所に勤めておらず、国立放射能研究所(Institudo nacional de radio elementos)の職員で、アクセスカードが盗まれたことも否定した。


殺害された男性は自宅で銃のようなもので撃たれ死亡したとみられ、更に飼っていた犬も殺されていたとのこと。 捜査当局は、今回の事件は強盗の可能性が強いと語っている。


地元紙”Derniere Heure”は、原子力発電所へのテロ襲撃の可能性があったと報道していた。


ソース

La Fiscalía belga desvincula el asesinato del guardia de Charleroi de los atentados de Bruselas

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。