otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ベルギー原子力発電所警備員(G4Sグループ)の死体が自宅の浴室で発見 施設内へのアクセス用カードが盗まれたか

|


ヨーロッパプレスによると、3月24日に、ベルギー・Charleroi原子力発電所警備員のFroidchapelleにある自宅の浴室で死体となって発見され、施設内へのアクセス用カードが盗まれた可能性があるとベルギーメディア'Derniere Heure'が報じたことが26日分かった。


ベルギー警察当局は22日にブリュッセルで起きた連続爆破テロと関係があるか、犯人の行方を追っている。


警察当局は、パリ連続多発テロの犯人と見られているサラ・アブデスラム容疑者逮捕以降、原子力発電所等の警備を厳重にしていた。


また、今回のベルギー連続テロでは、原子力発電所の襲撃を検討していた疑いがあることが分かっており、原子力研究の責任者の一人の動向を隠し撮りしていた動画も見つかっている。



ソース

Hallan asesinado y sin su tarjeta de acceso a un guardia de seguridad de la central nuclear de Charleroi

Un agent de sécurité dans le nucléaire tué à Charleroi: la piste terroriste démentie par le parquet de Charleroi

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。