otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン セマナ・サンタ名物デザート「トリハス」

|


スペインの大型連休セマナ・サンタに食べられるデザートと言えば「トリハス」です。 スペインが食糧不足に陥っていた時代、余ったパンを再利用するために開発されました。 


カロリーの高い「トリハス」は、15世紀には、出産後の女性の体力回復用に食されていたそうです。


この「トリハス」の伝統的レシピがヨーロッパプレスに掲載されていたのでご紹介。


材料

トリハスパン(3日くらいたった固いパン。日本では固くなったフランスパンの様な物:ちなみにスペインにPan de Torijas なるものはないので注意。)、牛乳適量、シナモンスティック、砂糖小さじ5,6杯、卵3つ、レモン、粉シナモン、オリーブオイル


小さな鍋に牛乳を入れ、温める。 レモンの皮を牛乳に投入。 沸騰したら火を弱める。 そのまま5分間煮る。


この間に固いパンを切り分けておく。 3日くらいたった固いパンが適当。


パンをバットに敷き詰める。 そのバットに先ほどの煮ていた牛乳を流し込み、パンをひっくり返す等して牛乳を十分染み込ませる。


ボールに卵を割り、かき混ぜる。 牛乳を染み込ませたパンを溶き卵にくぐらせる。


弱火で温めておいたオリーブオイルにパンを入れ、きつね色になるまで揚げる。 ここで、パンがちぎれない様注意する。


クッキングペーパーにパンを取り上げ、余分な油を落とす。


最後に少しだけ(数滴)牛乳を上からかける。


出来上がり。


お好みでシナモンパウダーや、砂糖などをかける。


(シナモンスティックはどこに。。。。。 :ヨーロッパプレスのミスであるようなので。 因みにシナモンスティックはレモンの皮と共に牛乳で煮るのが伝統レシピのようです。)


ソース

La auténtica receta de torrijas para Semana Santa

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。