otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインでも孤独死 女性の死体発見 死後1年経過

|


(写真 プレスデジタル)


プレスデジタルによると、23日、グアルディア・シビル警察がアンヘラ・G・Gさん(52歳)の遺体を自宅のソファーで発見、死後1年が経過していたことが分かった。


マドリード警察当局がヨーロッパプレスに伝えた情報によると、女性の遺体を発見したのは1週間ほど前で、マドリードの人口3千人ほどのバルディレチャ自治体にある自宅で発見されたとのこと。 周辺住民らが、長い期間女性を見ておらず、彼女の家族も訪れた気配がないことから警察に通報していた。


警察はアルガンダ地方裁判所の捜査令状を取得後すぐに自宅に向かい家宅捜索を行ったところ、ソファーに倒れて息を引き取った女性を発見したとのこと。


遺体の腐食は激しかったものの、暴力を受けた外傷などは見受けられなかったことから、警察では自然死した物と初見では判断したとのこと。


ソース

Encuentran el cadáver de una mujer que llevaba muerte más de un año en el sofá de su casa

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。