otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ バス事故 運転手が危険な状態に

|


ヨーロッパプレスによると、23日、3月20日にカタルーニャ州南部タラゴナのフレヒナルスを走行していたバスが横転、13人の犠牲者を出した事故で、バスを運転していた運転手が肺挫傷を負い、集中治療室で治療を受けていることが分かった。 現在容体は危険な状態とのこと。


また、モススダエスクアドロ自治州警察のミケル・エスキウス氏がヨーロッパプレスに公開した情報によると、事故当初、運転手は「眠っていた」か「携帯を操作していた」か「誰かと会話をするためによそ見をした」可能性があると語った。


また、ミケル氏は「バスの乗客はシートベルトを着用しない場合が多い。」と語り、シートベルトの重要性を指摘。


未だに19人が入院しているなか、運転手だけが重体で、タラゴナのVerge de la Cinta de Tortosa病院で治療を受けている。


ソース

El conductor del autocar accidentado en Freginals se durmió o distrajo al volante

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。