otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ブリュッセル 連続爆破テロ

|





8時数分 ブリュッセルの空港で到着ロビーと出発ロビーで爆発


8時59分 少なくとも一人が死亡、数人が負傷したことがベルギーメディアで報道される。


9時04分 爆発の一つは、Zaventem空港アメリカンエアラインのスーツケースを預ける場所近くだった。(セキュリティーを通る前)


9時06分 地元メディアが死亡者数12人と報道し始める。 警察当局は1人と発表しているまま。


9時11分 ブリュッセル空港が閉鎖。 ブリュッセルへ飛行中の航空便がベルギーの他の空港へ緊急着陸開始。


9時12分 Zaventem空港とブリュッセル市内を結ぶ鉄道が閉鎖。


9時16分 空港での爆破事件に関して、ジハード主義者の犯行の可能性が報道され始める。 確認は未だ取れず。


9時17分 地元ニュース番組Belgian Newsによると、爆発前にアラビア語で叫び声や発砲音を聞いたという証言を報道。


9時20分 ベルギー政府が反テロリスト警戒レベルを4段階のうち最高レベルの4に。 (スペインは5段階のうち4を保持)


9時24分 ブリュッセルの地下鉄で新たな爆発。


9時26分 Le Soirの情報によると、地下鉄の爆発は欧州連合の主要な建物が付近にあるモレンベーク駅で起こったと報道。


9時28分 ブリュッセルが混乱状態に。


9時32分 モレンベーク駅での爆発で、複数の負傷者を確認。 


9時38分 EUカタルーニャ州政府代表アマデウ・アルタファ議員がTV3に対し、ブリュッセルにいるカタルーニャ州市民及びスペイン国民は自宅、もしくはホテルから出ない様に、また、公共交通機関を使用しない様要請。


9時39分 ブリュッセルの地下鉄全線を閉鎖。


9時45分 ベルギー国営放送RTBFが、空港で起きた2回の爆発で10人が死亡、30人が負傷したと発表。


9時49分 地下鉄職員によると、地下鉄の駅での爆発で死亡者が出ていると公表。


9時58分 シャルル・ミシェル首相が初めて公式に発言。 ツイッターで「現在状況をを見ている。 絶対最優先事項は、空港での被害者たち。」


10時03分 Zaventem空港とモレンベーク駅での犠牲者が13人死亡、35人負傷とロイターが発表。


10時09分 地元メディアによると、地下鉄での爆発は、少なくとも1回以上ではないかと示唆。 モレンベーク駅で少なくとも3回爆発があったと指摘。


10時17分 欧州委員会、欧州連合、欧州議会の労働者に対し、自宅待機するよう通達。


10時19分 ベルギー政府、その場所に留まり、外出しない様要請。


10時27分 まだ、誰の、もしくはどの組織の犯行か発表されない。


10時35分 モレンベーク駅で少なくとも10人の犠牲者。


10時41分 ベルギー当局、空港での犠牲者を13人、35人負傷と発表。


10時45分 シャルル・ミシェル首相「現在のところ、市民らは外出を避けるように。 非常事態の場合は1771に電話を」


10時54分 スペイン政府も緊急電話番号を公表。 在ブリュッセルスペイン総領事館の番号+32-25098746 マドリード緊急電話番号 91-3948900


10時58分 ベルギー危機管理室が市民に電wなを使用しない様要請。 ショートメッセージや、ソーシャルネットワークを利用し、電話回線を確保するように。


11時00分 空港爆発事件での犠牲者が21人に。AFP


11時09分 ブリュッセルでの爆発によるスペイン人犠牲者はない。(スペイン・マルガヨ外務大臣)


11時12分 ラジオのインタビューでマルガヨ大臣が、ブリュッセルの爆発事件はISの犯行と発表。


11時18分 カタルーニャ州政府内務省がバルセロナの地下鉄ろ空港の警備強化を指示。


11時20分 パリとフランクフルトの空港でも警備を強化。


11時21分 フランス政府内務大臣「テロ撲滅のためにフランスは協力する。」


11時25分 ブリュッセル-ドイツ間の鉄道が封鎖


11時44分 シャルル・ミシェル首相が記者会見 「本日は我が国にとって黒い日になった。 落ち着いて協力しあってください。」


11時52分 ベルギー検察当局「Zaventem空港で起こった2回の爆発は、8時数分前に発生、空港の出発ターミナルで起こった。 30分後、地下鉄のモレンベーク駅で3回目の爆発が起こった。」


11時53分 ベルギー当局は現在、ブリュッセルで生存中のテロ犯、逃走中の犯人がいるか捜査中。


12時05分 首相は、今回の爆発事件と、サラ・アブデスラム容疑者の逮捕に関係があるかどうか分からないと発表。


12時10分 ブリュッセルでの連続爆発事件、26人が死亡、そのうち11人が空港、15人が地下鉄。


12時16分 犠牲者の公式発表はまだ。


12時33分 フランスのフランソワ・オランド大統領が記者会見「ブリュッセルで起きた攻撃。 パリでも起き、アフリカでも起きた。 我々は現在世界的に脅威にさらされている。」


12時55分 確認されている26人の犠牲者のうちスペイン人はいないと、スペイン外務大臣が発表。


13時05分 ベルギー検察当局、犠牲者数の公式発表まだ。


14時00分 地元メディアによると、連続爆発事件で34人が死亡、内14人が空港、20人が地下鉄。


14時15分 ブリュッセルの全ての公共交通機関が運行中止へ。


14時25分 プライベートチャンネルVTMによると、ベルギー警察当局が、ブリュッセルの空港で自爆テロ用と見られる爆弾ベルトを発見したとのこと。 現在専門家チームが爆弾解除を行っているとのこと。 


14時38分 20人が死亡したとされるブリュッセル地下鉄の爆発は、地下鉄車両内で爆発した。


15時03分 VRTが、少なくとも34人が死亡したと発表、内14人は空港、20人は地下鉄内。


15時13分 150人の軍・警官を増員


15時34分 反テロリスト部隊を含む警官20人が、エンジンがかかったままの不振なミニクーパーを発見、周囲を立入禁止に。


15時37分 公共交通機関の運行が停止したため、住民が家に帰れないことに。 フェイスブックや、ツイッターで呼びかけ。 ·@brusselsliftが帰れない人向けの情報を提供開始。


15時53分 空港で爆発した爆弾はクギでいっぱいだった(ベルギー病院の医師が証言)


15時59分 カタルーニャ州政府報道官ムンテ女史が、中央政府に緊急会議招集を要請。 現在カタルーニャでの治安維持部隊は十分に機能しているが、セキュリティーを十二分に確保するため。


16時03分 ブリュッセルの爆発事件を受け、カタルーニャの空港と、バルセロナの地下鉄の警備を強化中。


16時17分 ブリュッセルの鉄道が16時に運行再開。シューマンとルクセンブルグ以外。


16時32分 過激派テロ組織イスラミックステート(IS)が同組織の通信社Amaqを通じて犯行声明を出す。


16時34分 ベルギー警察当局が空港の監視カメラに映った犯人と思われる画像を公開.


La vanguardia


17時24分 スペイン・トレドのムスリム協会が、ブリュッセルで起きた爆破テロに関して言及「イスラム教とは関係ないし、ムスリム協会とも関係ない。 今回の行為は我々の宗教、及びスペイン全土のムスリム協会からみて敵である。」トレドのイスラム教La Pazが報道。


17時42分 ブリュッセルの空港、水曜日も閉鎖予定。


17時56分 ルフトハンザ、ブリュッセル発着の航空便合計25便がキャンセル。 2千人の足に影響。


17時57分 メルケル首相、テロリスト逮捕のため、協力を提案。


18時00分 ベルギー当局、襲撃事件関係者二人を捜査中。 


18時19分 国連のシリア担当ステファン・デ・ミストゥーラ特使 「シリア紛争においてすぐに停戦を。」


18時23分 スペイン、ホルヘフェルナンデス・ディアス内務大臣、諜報機関及び警官代表らと会議。 


18時27分 ベルギー当局、下の容疑者の情報提供を市民に要請。


18時39分 欧州の航空安全監視組織であるユーロコントロールによると、ブリュッセル行500便近くがキャンセル50便が他の空港に着陸。


19時30分 ブリュッセルのSchaerbeek地区で、爆発物と化学兵器が発見される。


20時11分 病院に搬送されているスペイン人4人が確認される。 


20時18分 スペイン内務省 対テロ警戒レベル4を維持。 レベル5は軍が出動するレベルと説明。


21時42分 ブリュッセル空港少なくとも3月24日まで閉鎖。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。