otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バレンシア火祭り ゴミ約6600トン

|



ヨーロッパプレスによると、21日、スペイン南東部バレンシア州で行われた火祭りで出たごみの量が6600トンに上ったことが分かった。 また、この期間にバレンシアを訪れた観光客は209万6千353人で、昨年より11%増加したとのこと。


バレンシア州政府の発表によると、3月15日から19日の間の火祭りで出た廃棄物は6,573,589キロ(6573トン)で、そのうち紙や段ボールなどのゴミが203,548キロ(203トン)だった。


また、包装に使われていたビニールなどは147,050キロ(147トン)、灰は、2,250,280キロ(2250トン)とのこと。


火祭りの清掃には266人、133台の清掃車が出動した。  


この期間にバレンシアを訪れた観光客の増加に伴い、バレンシアにアクセスするための高速道路A-3を利用した乗用車の数も増加、昨年と比べて9%から17%増えた。 


13にから19日までの交通事故数は75件(20日に起きた留学生を載せたバス事故は含まれていない)で、36人が怪我、33人が軽傷、3人が重傷。


ソース

Las fiestas dejan cerca de 6.600 toneladas de residuos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。