otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州タラゴナ バス事故 死亡した13人の身元が判明 運転手は集中治療室へ

|


ヨーロッパプレスによると、21日、スペイン東部カタルーニャ州タラゴナ県フレヒナルス(Freginals)で20日に起きたバス事故で、死亡した13人の身元が判明したことが分かった。 現在裁判所による確認作業終了待ち。


カタルーニャ州政府ジョルディ・ジャネ内務大臣がカタルーニャ・ラジオに語った内容によると、死亡した多くの被害者は19歳から25歳で、そのうち7人はイタリア人、2人はドイツ人、1人はルーマニア人、1人はフランス人、1人はウズベキスタン人、1人はオーストリア人とのこと。


事故により負傷した被害者は全員病院に搬送されており、そのうち一人は重傷。 5人はバルセロナに搬送され、残りはタラゴナの病院に入院している。


当初、事故がどのようにして起きたか、運転手の証言を21日に行うと発表されていたが、肺挫傷が見つかり緊急に集中治療室に搬送された。 


負傷した乗客の国籍は

ハンガリー、ドイツ、スイス、ノルウェー、スイス、チェコ、英国、イタリア、ペルー、ブルガリア、ポロニア、アイルランド、日本、ウクライナ、オランダ、ベルギー、フランス、パレスチナ、トルコ、ギリシャ


ソース

Las estudiantes fallecidas en Tarragona tenían entre 19 y 25 años

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。