otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン タラゴナでバス事故 14人死亡

|



プレスデジタルによると20日、バレンシアからバルセロナに向かっていた56人の乗客を乗せたバスが横転、14人が死亡したことがわかった。 タラゴナのフレヒナルスだった。

カタルーニャ州政府ジョルディ・ジャネ内務大臣によると、フレヒナルスで起きた今回の事故は、人的ミスの可能性が高いと発表。

現在事故を起こしたバスを運転していた運転手はタラゴナのトルトサ・モスス・ダエスクアドラで身柄を拘束されており、ジャネ内務大臣の発表したところによると、怪我の度合いは軽症とのこと。

内務大臣は記者会見を開き、死亡者の数を14名と発表。 運転手を含む43人は助かった。  また、バスと接触した乗用車に乗っていた二人は、怪我をしているものの命に別条はないと発表された。

フラヒナルスのジョセップ・ロンセロ市長の発表によると、自己は20日朝早くに発生し、高速道路AP7で起きた。 バスに乗っていた多くはErasmusの学生達だったとのこと。

事故の詳細

事故が起きたのは20日6時になる数分前。 モイェット・デル・バジェスに本社を置くバス会社のバスがバレンシアからバルセロナに向かっているときのことだった。

乗客の多くは、カタルーニャ州で学校に通う外国人学生が多かったとのこと。

バスは右斜線をきた方面に走行していた。 右側のガードレールに接触したバスは左に飛ばされた。 そして、バスは反対車線にまで飛ばされたとのこと。 そこで、バルセロナからバレンシアへむかっていた乗用車がバスに衝突した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。