otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

九谷焼八代目 鏑木 基由さんがバルセロナ訪問 バルセロナ有名レストランでその作品を披露

|

DSCN1083

(写真 九谷焼八代目鏑木基由さんとレストラン「やしま」オーナ山下夫妻)


江戸時代より石川県で作られてきた磁気、九谷焼は一点一点丁寧に書かれた華やかな色絵が特徴、その伝統工芸の素晴らしさを伝えに、九谷焼八代目の鏑木 基由(かぶらき もとよし)さんがバルセロナを訪問、バルセロナ老舗レストラン「やしま」でその作品を紹介した。


DSCN1093

(ワイングラスと九谷焼)


現在鏑木八代目は、九谷焼とワイングラスのコラボレーションに挑戦。 ワイングラスの足の部分を九谷焼で表現するという素晴らしい作品。


DSCN1088



ただ、当初から思うようにはいかず、ワインの種類によってグラスの口が当たる部分の角度や薄さ、お酒の匂いを醸し出すグラスなど、専門外の部分が多くあったとのこと。


DSCN1081



そこで実際にヨーロッパに飛び、ワイングラスの有名工房にその技術を学びに渡り、今ではワイン通のフランス人もうなる素晴らしい九谷焼ワイングラスが完成した。


DSCN1082

(九谷焼セット)


今後は、日本の伝統工芸を海外に広めるため、日本酒の蔵元とコラボレーションして九谷焼と共に認知度を上げていきたいと語っていた。


株式会社 鏑木



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。