otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ ペドロ・サンチェス首相候補 カタルーニャ州政府首相と会談 合法な独立を問う住民投票は拒否

|


プレスデジタルによると、15日、スペイン社会労働党(PSOE)のペドロ・サンチェス幹事長がプッチ・デモン・カタルーニャ州政府首相と会談、独立を問う合法な住民投票は認めなかったものの、首相に選出された場合には、カタルーニャ州政府の経済的不均衡を是正すると約束したことが分かった。


首相候補に指名されたペドロ・サンチェス幹事長は、組閣が難航する中カタルーニャ州政府の協力を仰ぐため、15日にプッチデモン州首相と会談。 その中で、独立賛成派のプッチデモン州首相に対し首相候補は、首相に選出されれば、2014年にマリアノ・ラホイ暫定首相とアルトゥール・マス元州首相との間で予定されていた、経済などに関する23項目の法改正プランの推進を約束した。 


会談後に記者会見を開いたペドロ・サンチェス幹事長は、「私は理解と対話に基づくカタルーニャ州政府の新しい政策(Hoja de ruta)が欲しい。」と語り、州政府の独立機運を牽制しつつ、経済政策で歩み寄りを見せた。


23項目の中には、州政府ごとの対GDP比財政赤字による、中央政府からの地方支援基金の平均化や、現憲法の連邦化への憲法改正などが盛り込まれている。


ソース

Sánchez inicia el "deshielo" con la Generalitat pero mantiene sus 'líneas rojas'

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。