otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン オリーブオイル価格高騰中

|

ヨーロッパで起きている干ばつや病気がオリーブに多大な影響を与えている。 現在世界のオリーブオイルの価格は2015年で20%上昇、生産量は30%減少していると世界オリーブオイル委員会は発表している。


スペインのオリーブオイル生産量は全世界の40%を占めており、昨年の猛暑の影響による干ばつの被害で生産量に影響を与えている。 委員会は、スペインに対し2016年度の生産量が120万トンまで減少すると見ている。 この数字は昨年よりも多いものの、例年の180万トンよりは減少している。


一方、イタリアのオリーブも昨年害虫被害に見舞われており、本年の生産量に大きく影響があると予想されている。


消費者は高騰したオリーブオイル以外のオイルを購入しており、2015年のオリーブオイルの消費量は7%減少した。


しかしながら、オリーブの消費量はこの25年の間に激増しており、米国だけでも250%増加しているとのこと。


ソース

El precio del aceite se calienta


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。