otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン インディテックス社がRFIDチップ採用へ 流通を強化

|


ZARAブランドのスペインアパレルメーカー大手インディテックス社はこの4年間で10億ユーロをかけてRFIDチップの新技術を開発中、世界規模で服のサイズなどに関する在庫管理を強化することが分かった。


ヨーロッパプレスによると、現在埋め込まれている盗難防止用RFIDチップに、商品のほぼすべての情報を埋め込み、国内で各店舗に週3回の頻度で搬入される商品の在庫管理の強化を行うことが分かった。


ヨーロッパプレスによると、一日につき百万着が包装され、50万着が店頭に並んでいるという。


各商品にチップが埋め込まれることにより、消費者はどの店舗に希望の商品があるかオンライン検索することが可能となる。


更に店舗においては、通常棚卸などに多くの時間を浪費してきたものが、このチップを利用することにより約80%短縮できると見込んでいる。


今回開発されているチップは、店頭で支払いを済ませ、盗難防止用チップを解除した地点でデータが初期化されるため、100%のリサイクル率を実現している。


ソース

Zara implanta un DNI a sus prendas

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。