otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バスク地方の独立機運 過去最低へ

|


プレスデジタルによると、11日、バスク州市民2,310人を対象にしたアンケートで、38%が独立に反対であることが分かった。 賛成は19%にとどまった。 この数字は1998年以来最低の数字とのこと。


アンケートは”ソシオメトロ60”によって行われ、今年の1月25日から2月2日までの間に行われた。


調査結果によると、バスク市民にとって一番の悩みは労働市場で、83%となった。 また、20年前の1996年では62%の市民がテロや暴力行為が問題とされていたものが、2016年には1%と激減している。


また、バスク州議会選挙の前倒しの可能性も示唆。 アンケート結果によると、民族主義党(PNV)が第1党、ポデモス党が第2党となるとのこと。



ソース

El independentismo vasco cae a su nivel más bajo

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。