otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン オンラインチケット販売会社大手 転売詐欺の疑い

|


プレスデジタルによると、11日、オンラインチケット販売大手”チケットマスター”がスペイン消費者団体により、あるコンサートチケットの転売詐欺の調査をマドリード消費者庁等に訴え出たことが分かった。


問題となったコンサートチケットは5月21日にマドリードで開催される予定の米国出身のシンガーソングライター、ブルース・スプリングスティーンのステージで、米国に本社を置くチケットマスターがネットで販売を開始、2時間もたたないうちに販売が終了した。


しかしその後、同じくチケットマスター社の転売用オンラインチケットサイトSeatwave.esで同じコンサートのチケットが約2倍の値段で販売されていたのが発見された。


プレスデジタルが報じたところによると、106ユーロが175ユーロ、95ユーロが180ユーロで販売されていたとのこと。


Seatwaveは、販売者と購入者に対して30%の手数料を取っているとのこと。 消費者団体は、今回のケース以外にも他のコンサートなどで大規模な転売を行っていたかどうか、脱税なども含めて調査を依頼した。


ソース

Posible fraude en la venta de la entradas del concierto de Springsteen en Madrid

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。