otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ノース事件 ウルダンガリン「王室関係者(セキュリティ)が電話やパソコンの情報を消していた」

|


スペイン国王フェリペ6世の実姉クリスティーナ王女の夫、イニャキ・ウルダンガリンの公的資金横領等の裁判が現在パルマの地方裁判所で行われている。


その中でウルダンガリン容疑者は、ノース研究所の本部引っ越しの際などに、王室関係者(セキュリティ)が電話やパソコンなどの情報をコピーし、内容を掃除(barrido)していたと証言した。


また、ウルダンガリン容疑者の弁護士マリオ・パスクアル・ビベス氏は、スペイン中央情報局が、ノース研究所のハードディスクを”ハッキング”、3万以上の電子メール及び、財務情報などの情報を盗んだと証言。  


ウルダンガリン容疑者は、証言の中で2000年に3歳と4歳の子供を設立者として「Namasté社」の設立を計画していたと証言。 (結局、会社を設立することは無かった。)


ソース

Urdangarin desvincula a la Infanta: "Nunca tuvo en sus manos la Visa de Aizoon"

Urdangarin: el equipo de seguridad de la Casa Real hacía barridos en los teléfonos de Nóos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。