otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン アルベルト・リベラ ラホイに協力要請

|


プレスデジタルによると、28日、市民党のアルベルト・リベラ党首がマリアノ・ラホイ暫定首相に対し、PSOEと市民党の協力に参加するように要請したことが分かった。


バルセロナで記者会見を行ったアルベルト・リベラ党首は、「もし国民党(PP)が我々との協力に参加しないのであれば、それはポデモス党や独立賛成派会派らと同じである。」と語った。


また、「首相への立候補よりも、国の事を考えるようさらに熟考するべきだ。」と発表。


来週行われる首相信任投票では、PSOEのペドロ・サンチェス幹事長が首相候補者として、国王から指名されているが、市民党の協力だけでは過半数以上には届かず、3月2日午後に行われる最初の信任投票では、首相に指名されるのは難しいとみられている。 しかしながら、2回目の投票は単純多数決で行われる。 ここで、国民党が投票を「棄権」すれば、ペドロ・サンチェス幹事長が首相となる可能性は高い。


PSOE89

Cs40

合計 129


PP119

合計 119


ポデモス党65

ESC9

CDC8

EAJ-PNV6

混合 14

合計 102


総350議席 過半数175議席

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。