otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

越川和彦在スペイン特命全権大使がサラゴサ折り紙博物館を訪問

|

2月26日、越川和彦在スペイン特命全権大使がサラゴサ折り紙博物館(Escuela – Museo de Origami de Zaragoza)を訪問した。


大使は「私たちは病気をしている人などに、病気快癒を願って鶴(千羽鶴)を折る伝統があります。」「しかしここに飾られている展示物は本当に芸術です。」と語った。



大使はまた「我々の伝統文化が、ここアラゴン州の州都に存在することはとても光栄なことです。 これは、おそらく日本人の誰も想像が出来ないことでしょう。」と、語った。



サラゴサでは1944年から折り紙同好会があると信じられている。 そして2009年にヨーロッパで初めて「折り紙」の博物館が出来た。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。