otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ 救急病棟崩壊 救急車内で6時間待機も

|



カタルーニャプレスによると、カタルーニャ州南部トルトッサにあるベルヘ・デ・ラ・シンタ・トルトッサ病院で、患者を収容できないため、7台の救急車が患者を収容しながら最大3時間、病院外で待機していたことが分かった。


情報を提供したのは、テラス・デ・エブロ救急車労働組合で、救急患者の「渋滞」が起きたのは2月25日であったとのこと。 組合が伝えたところによると、患者を収容するスペースがないために、看護師らが病院に入れない様、受け入れを拒否した。


同労働組合は、ここ数か月このような状況が続いており、多い時では12台もの救急車が病院入り口で待機をし、最大で6時間のあいだ救急車内で患者が待機したことがあると伝えている。




コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。