otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ MWC地下鉄ストライキ回避ならず 

|


バルセロナのアダ・コラウ市長はバルセロナ地下鉄労働組合とストライキ回避の可能性を探って会談を行ったが、結局合意には至らず、22日、24日の両日、地下鉄はストライキを実行する可能性が高まってきた。


また、アダ・コラウ市長は「MWC開催行に地下鉄労働組合がストライキを行うことは、全くの合法である。」と語った。


地下鉄労働組合のオスカル・サンチェス報道官は、今回のバルセロナ公共交通公団の態度に対し「恥」と語り、「彼らにはまるで交渉する気が無いようである。」と公表。 


公団は組合に対し、カウンターオファーを21日の01:30頃提出。これに対しサンチェス報道官は「我々が3年間交渉してきた問題に関して、夜中の1時30分に呼びつけて解決しようとした。」と公団側を批判。 年間1%の累積昇給制度等を取り入れるよう要求していた。


政府、公団、組合でストライキ回避へ今後も最後の一分まで交渉を続けていく予定であるが、世界最大規模の携帯見本市MWCの開催期間に合わせたストライキにより、ある時間帯では11万人以上の足に影響が出る模様。 会場に行かれる方は、バス、タクシーの混雑が予想されるので注意が必要。


ソース

Mientras que los empleados del Metro van a la huelga Colau lo encuentra excesivo

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。