otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ アダ・コラウ市長 労働組合との交渉決裂 TMBのストライキでMWCは混乱が予想される

|



バルセロナ公共交通公団労働組合とバルセロナのアダ・コラウ市長の交渉が決裂、来週から始まるMWCへの影響は無視できない状況になってきた。


現在バルセロナ公共交通公団(TMB)が発表している22日から25日までのストライキ回避のため、バルセロナのアダ・コラウ市長はスペイン労働総同盟(UGT)、スペイン労働者委員会(CCOO)、カタルーニャ労働総同盟(CGT)の地下鉄労働者ら代表と会議を行ったものの、交渉は決裂した。


MWCは22日から25日まで行われる。


TMB地下鉄

22日 6:30 – 9:30 16:00 – 20:00 まで通常の50% その他の時間は30%の本数


TMBバス

23日 2:00 – 4:00 9:00 – 11:00 19:30 – 21:30 で通常の20%の営業


TMB地下鉄

24日 6:30 – 9:30 16:00 – 20:00 まで通常の50% その他の時間は30%の本数0%


TMBバス

25日 2:00 – 4:00 9:00 – 11:00 19:30 – 21:30 で通常の20%の営業


TMBホームページでは、この期間に該当交通手段の使用を避けるよう勧めている。 (20%でも50%でもほぼ来ないと思った方が良い。)


更に、スペイン国鉄(RENFE)が26日にストライキを実施すると発表。 2月22日から25日の間には、鉄道管理部(レールなどを補修する部署)がストライキを行うとのこと。


公団の私営化に伴うオフショアや、昇給凍結等に対抗する模様。


これら、一連の輸送機関のストライキ発表で、MWCを主催するGSMAは声明を発表、「ストライキ回避を望む」と語り、また、来場客に対しても、交通機関の混雑、混乱が発生する可能性があるとして注意を喚起。 入場登録者が集中しない様、20日(土曜日)から入場登録できると発表している。 さらにGSMAが代替輸送手段も手配する可能性があるとしている。


ソース


Colau fracasa en su primer intento de abortar la huelga de metro

Convocada huelga en Renfe para el viernes día 26

La GSMA plantea alternativas de transporte y un refuerzo de seguridad por la huelga de Metro





コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。