otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランス 銀行員の入店を拒否 でも犬は入店オッケー

|



多くのレストランでは犬の入店は禁止であろう。 恐らく、盲導犬などは例外かもしれない。  「いい子の犬たち、大歓迎」というレストランが店頭に書いてあれば、落ち着いてペットと食事をすることが出来るだろう。


しかし、「銀行員お断り」と書いてあったらどうだろうか。 既にパリにあるレストランでこれを実践しているところがある。 そのレストランのオーナーであるアレクサンダー・カレ(Alexander Callet)さんは、パリ市内に2店舗目を開店するため、銀行に7万ユーロの借金を申請したが、断られてしまった。 これに復讐するため、アレクサンダーさんは、レストランに銀行員の入店禁止を決意したとのこと。


レストラン‘Richelieu’s Stables’の入り口には、黒板に「犬の入店許可。 銀行員は禁止」と書かれているという。  アレクサンダーさんは、自身のホームページで「彼らは私を犬のように扱ったんだ。 だから私は彼らの入店を禁止するんだ。」と説明している。


抄訳

ソース

Un restaurante francés acepta perros pero no banqueros



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。