otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ノース事件 アイソーン社はどのように横領していたのか

|


クリスティーナ王女の夫、ウルダンガリン容疑者を中心とした、大規模汚職事件のうち、王女と夫が50%の出資で設立していたアイソーン(Aizoon)社がどのように横領をしていたのか、概要が徐々に明らかになってきた。


現在ノース事件の後半がバレアレス地方裁判所で行われており、ノース研究所のマルコ・アントニオ・テヘイロ元会計が、アイソーン社を通じてクリスティーナ王女とウルダンガリン容疑者がどのように資金を横領していたか暴露した。


元会計係はウルダンガリン容疑者が米国に移住してから、いくつものワシントンDCでの領収書が提出され、更にアフリカやブラジルに家族旅行したと思われる領収書が、会社の経費で落とされていたと発言した。


元会計係は「アイソーン社の活動と合致しないと言ったが、経費で落とすように支持された。」とのこと。 また、「コーチング」という名目で2005年から2007年の間に29時間30分、アイソーン社に6,672ユーロの経費が計上されていた。 


他にも、息子の誕生日にウルダンガリン容疑者が所有するオケアニス社を通して522ユーロの経費が、パーティーの行われた一週間後の2007年5月3日に計上されていた。 


更に、バルセロナの高級住宅街に、ウルダンガリン容疑者の誕生日パーティーで338ユーロの風船の出張サービスが計上されている。 


ソース

Urdangarin y la Infanta cargaron a Aizoon gastos de un safari en África y un viaje a Brasil


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。