otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バレンシア社会労働党が議会に汚職関連の文章の開示を求める サッカーチームにも影響か

|



プレスデジタルによると13日、バレンシア州社会労働党(PSPV(PSOEバレンシア支部))のスポーツ報道官は、同州政府議会スポーツ高等委員会に対し、汚職事件の関連文章の開示を求めたことが分かった。 


バレンシア州の汚職に関しては、2004年から2006年の間、スペイン国王実姉クリスティーナ王女を巻き込むノース事件、州政府の公共事業を受注する見返りに手数料を渡していたとされ、全国管区裁判所検察局から調べが進んでいる(先日バレンシア元県知事が逮捕された)タウラ事件等がある。


今回議会に求めたのは、この様な汚職の枠組のなかで、バレンシア州に籍を置くサッカークラブチームが汚職にかかわっていた疑いが出てきたため。 


場合によってはクラブチームのカテゴリーを下げる可能性もあるとのこと。


ソース


Mercedes Caballero pide documentación un posible fraude en el fútbol

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。