otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 飼っていた犬を殴り殺したとして4か月の実刑判決

|

ヨーロッパプレスによると、12日、スペイン東部バレンシア州のブルハソト(Burjassot)の街で、飼っていた犬を殴り殺したとして、地方裁判所は、飼い主の男性に対して4か月の実刑及び、4年間ペットを所持していけないという判決を言い渡したことが分かった。



事件が起こったのは2月1日で、マリアノ・ベンリウレ通りを散歩していたところ、犬が女の子に飛び乗った。  女の子には怪我は無かったことが、動物保護団体の発表で分かっているが、飼い主は近くにあった鉄の棒でペットの犬の頭部を死ぬまで殴打した。 その後、死体をゴミコンテナーに捨てた。


この事件の一部始終を見ていた目撃者が、現地の警察に通報、2月9日から公判が行われていた。


ラファ・ガルシア市長は市民の協力に謝辞を述べるとともに、「正義はなされた」と発表した。


ソース

Cuatro meses de prisión para un hombre que mató a golpes a su perro en Burjassot (Valencia)


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。