otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ペドロ・サンチェス幹事長「有意義な会談だった。」

|


マリアノ・ラホイ暫定首相と12日に会談を行ったペドロ・サンチェス幹事長は記者会見を開き、「有意義な会談だった」と語った。


会談前に握手を無視されたことについて質問された幹事長は「二人になったときに握手をした。 そのようなことは重要ではない。 手を差し伸べたところを見なかっただけだ。」と答えた。 


しかしPSOEの公式ツイッターでは「政治家として適していないだけでなく、教養がない人物であることが分かった。」とマリアノ・ラホイ暫定首相を非難していた。


会議の内容に関しては、PPの相次ぐ汚職問題に関しては触れられなかったとし、国民党はスペインの政治システムにとって重要な位置を占めるが、生まれ変わらなければならないと、会議を振り返った。


ソース

Sánchez no ve mejor manera de propiciar el cambio que la retirada del PP

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。