otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ロセイはバルサ全員をスパイしていた グアルディオーラを含めて (ロウレス)

|


バルセロナに本社を置く、メディアグループ「メディアプロ」のジャウメ・ロウレス会長は、2月5日、FCバルセロナのサンドロ・ロセイ元会長は、ペップ・グアルディオーラを含むすべての人物の映像だけでなく、外部からもスパイを行っていたと明らかにした。


「ロセイはクラブの全ての人をスパイしていた。 監督、従業員、会長、等全てだ。 ペップ・グアルディオーラはそのことを知っていた。 彼はあそこに住んでいたし、報告しておいた方がいいと思ったからだ。」と記者会見で語った。


グアルディオーラは2012年4月27日、エネルギーが空っぽになったという理由でバルサを去り、ニューヨークに逃避。 ロウレスによると、この重要な決定は、ロセイが電子メールなどをスパイしていたからだと語っていた。


2013年7月11日にグアルディオーラは記者会見で、「彼は彼の仕事をすればいい。 彼の所有している選手で幸せになればいい。 世界で大成功を収めてほしいと願っている。 ただ、今年多くのことが起こった。 ティト・ビラノバの病気を利用して私を攻撃したことは絶対に忘れない。」と語っている。


ロウレスは「FCバルセロナは被害者だ。 ロセイによって長い間多くの人がスパイされていた。」「外からもロセイによって監視されていた。」「サンドロが会長になったと木、彼は10万ユーロというFCバルセロナ内を監視するための特別契約をメディアプロとかわした。」


「彼はデリカシーが無い、そういう人だった。」「一番多くの票を集めた会長が突然辞任したにもかかわらず、誰も彼の話を誰もしていない。」「メディアプロの人間は、彼の会長選に直接的にも間接的にもかかわっていない。」「盗んだ情報を使って、「友人」を作っていても不思議ではない。」「彼に、盗聴した電子メールをどうするのか説明を求めたところ「削除しているよ。」と答えた。 私のパソコンに送られてくるものを読んで、説明を求められていた。 悲惨だったね。」


ソース

プレスデジタル

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。