otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バスク民族主義党(PNV)PSOEと協力する可能性を示唆

|


2月6日、独立穏健派パス区民族主義党のアンドニ・オルツサール党首はペドロ・サンチェス党首の首相信任投票に賛成票を投票する可能性を示唆した。


ペドロ・サンチェス党首と会談後、記者会見を開いたアンドニ党首は「我々は、この投票の重要性を十分に認識しているが、同時にPSOEだけでは何もできないということを知っている。」「出戻り再総選挙を行うつもりはない。 もし総選挙を行ったとしても対して変化はないだろう。 しかし、社会に与える影響は多大だ。」と語り、PSOEに協力することを示唆した。


現在PNVは下院議会で6議席を獲得、89議席のPSOEと合わせると95議席。 市民党が加われば135議席となり、PP単独の120議席に勝てる。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。