otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

小頭症、前年の30倍、4,783症例にジカ熱の影響の疑い リオ五輪用に作られた博物館に亀裂

|


スペインエル・ムンドによると、米国雑誌フォーブスに科学者のリー・イジェル氏とアルトゥール・L・カプラン氏が寄稿、ジカ熱のアウトブレイクを抑えるという目的は、リオ五輪を中止する理由としては十分だ、と語った。


現在ブラジルではジカ熱感染者が数百万人いると報じられており(エル・ムンド)、ジカ熱の影響による疑いのある小頭症の赤ん坊が4,783件確認されている。 このままリオ五輪を開催すれば、全世界に感染が拡大するのは必至とのこと。


また、バレンシア出身スペイン人有名建築家サンティアゴ・カラトラバ氏が設計した、リオ五輪の新しいランドマーク、エル・ムセオ・デル・マニャーナ(未来博物館)が開館40日目にして壁に亀裂が生じ、ガラスが割れたとスペインデジタルメディアのクロニカ・グローバルが報じた。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。