otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

中央政府検察 5月30日のFCバルセロナ対アスレチック・クラブ戦で国歌にブーイングしたとして全国管区裁判所で調査する意向を表明

|


カタルーニャプレスによると、4日、中央政府検察当局は、2015年5月30日にFCバルセロナ本拠地カンプ・ノウで行われた国王杯決勝FCバルセロナ対アスレチック・クラブビルバオ戦の試合開始前、国家演奏時に両チームサポーターがブーイングを行い、演奏を掻き消した行為を、国家反逆罪などの刑事事件として、全国管区裁判所(Audiencia Nacional)で調査を行う意向を発表した。


発表された情報によると、国王に対する反逆罪となる可能性があるとし、刑法490.3条の公務執行妨害で6か月から2年の実刑判決、また、刑法543条国家反逆罪・侮辱罪に抵触する可能性があるとし、7か月から1年の実刑判決が下る可能性がある。


FCバルセロナとアスレチック・クラブビルバオを相手取って起訴したのは、今回も法曹集団「マノス・リンピアス」であるが、この他に極右政党VOXも起訴している。



国歌が聞こえない。。。。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。