otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード・バラハス空港 サウジアラビア行航空機爆破予告はナイフに刺さったメモ

|


ヨーロッパプレスによると、4日、マドリード・バラハス空港発サウジアラビア・リヤド行きサウジ・エアラインSVA226便に爆破予告があり、空港全体に警戒警報を発令した事件で、飛行機内から爆弾が見つからなかったことが分かった。


爆破予告は、機内に”TIENE BOMBA 11:30H”(11時30分(爆発する)爆弾がある)と書かれたメモが『刃物』に刺さって貼り付けられていたと、ヨーロッパプレスは報じている。


爆破予告のメモは離陸寸前に発見され、乗客ら97人は滑走路上で緊急脱出装置を使い避難、ターミナル4の隔離された部屋に移動した。


AENAによると、現在警報は解除され、通常営業に戻っているとのこと。 


ソース

Falsa alarma en Barajas en un vuelo que viajaba a Riad

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。