otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州の警察機関ら 現在の欧州の警察システムではISの脅威に十分ではないと警鐘を鳴らす

|


カタルーニャ警察シンジケート(SPC)、バスク警察シンジケート(Er.N.E)と欧州国際警察機構(EuroCOP)は3日、現在の欧州の警察のシステムはISの攻撃に対して脆弱であると警鐘を鳴らしたことが分かった。


3日に行われた記者会見で、「欧州の全ての警官で、訓練度や情報が足りなく、適切な武器も足りなく、射撃訓練も足りない。 これでは、市民をISの脅威から十分に守ることが出来ない。」と語った。


これら警察機構はまた、現在の欧州難民受け入れ問題で、難民に紛れて過激テロ組織が侵入してくる危険があると指摘、欧州全体で情報を共有するシステムの構築が急務であるとのこと。


Er.N.E幹事長ロベルト・セイホ氏は、ETA対策で使用していた武器をジハード主義者用に流用しており、上層部は何も心配していない。 しかし、ISの攻撃に対してプロトコルが無いことから、装甲車や、発砲等が出来ない。


EuroCOPのカルム・スティーレ副代表は、「最新技術に投資をするのはそれほど高くない。 我々は欧州の警察が共有できるデータベースが必要だ」と語った。


ソース

Alerta en los cuerpos policiales por su vulnerabilidad ante el presunto Estado Islámico

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。