otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 失業者数57247人増加 4,150,755人に 年末商戦の反動

|


スペイン雇用・社会保障省は2日、スペイン国内の失業者数速報値を発表した。

2015年12月と比べて57247人増加し、4,150,755人となったことが分かった。 年末商戦終了と共に、短期契約労働者が失業者となっている。


ただ、2015年1月と比較すると、374,936人減少(8.28%)しており、この3年間では最大の下げ幅だ。



自治州別に見た失業者数は、以下の通り。 先月と順位は変わっておらず、全体的に失業者数は増えたが、暖冬のせいかバレアレスとカナリアスだけは失業者数が減少した。


ソース

SEPE(PDF)


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。