otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 王室 「地方裁判所の決定を完全に尊重する。」(ボティン解釈棄却を受け)

|

元スペイン代表ハンドボール選手ウルダンガリン容疑者を中心とした大規模汚職事件「ノース事件」で、国王の姉クリスティーナ王女に脱税の疑いがかかっている件で、バレアレス地方裁判所は、ボティン解釈(doctrina Botín)の適用を否定し、被告人席に王女が上がることについて、王室は「地方裁判所の決定を完全に尊重する。」と公式に発表した。


声明によると、「司法の独立性を完全に尊重する。」とのこと。 


王室では、クリスティーナ王女に対する容疑がかけられた時点から一貫して司法の独立性を擁護、決定を尊重してきた。


ソース

La Casa del Rey expresa su "respeto absoluto" a la decisión de la Audiencia Provincial

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。