otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マリアノ・ラホイ暫定首相「汚職によって連立交渉が難航することは無い。」

|


マリアノ・ラホイ暫定首相は27日、中央政府連立協議に、「バレンシア州バレンシア県で大規模汚職による国民党の元県議会議長が逮捕されたことによる影響はない。」と、スペインテレビ局「テレシンコ」のインタービューで語ったことが分かった。


現在スペイン中央政権は組閣のため、各政党が連立のための協議や、首相候補の選出に激しく動いている時期。 従って、26日にバレンシア県で与党国民党の汚職による逮捕者は、ラホイ暫定首相にとって大打撃となった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。