otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マドリード裁 PPを情報隠ぺいの疑いで出廷命令

|

ヨーロッパプレスによると、22日、マドリード地裁はマリアノ・ラホイ暫定首相を巻き込んだ大規模汚職事件の中心人物ルイス・バルセナスの使用していたノートパソコン2台のハードディスクを処分、情報隠ぺいした疑いで現政権国民党(PP)に対し出廷命令を出した。


「政党」に嫌疑をかけたのは初めて。(現在国民党によりimputarという単語の使用は禁止され、investigarを使わなければいけない。)


これにより、国民党会計カルメン・ナバロが2月4日出廷する予定。 判事によると、「重要な汚職問題の捜査中に、事件の証拠があるかもしれないパソコンの情報を消すのはあり得ない。」とし、その理由を裁判で問われる。


情報隠ぺいが行われたとされるのは、2013年4月。 バルセナスが使用していたパソコンToshiba libretto 100ctと、アップルマックブックプロのハードディスクが抜かれていた、もしくは交換されていたことが、警察情報課家具捜査当局により確認されている。


ソース

El juez imputa al PP por el borrado de los ordenadores de Bárcenas

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。