otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインでのファストフード市場(EAEビジネススクール調べ)

|

スペインでは他の欧州各国と比べ、ファストフードの消費額は少ない。 ヨーロッパプレスによると、EAEビジネススクールの調査の結果、2014年で一人当たり42.61ユーロを消費、向こう5年間で50%の成長が見込まれるとのこと。


2014年のスペインでのファストフード市場規模は32億2600万ユーロ、全国に4,420店舗が存在、そのうち77.8%がフランチャイズ店。


また、2014年にスペイン人がファストフードに費やした消費額は約19億8000万ユーロ。 自治州別にみると


アンダルシア州、カタルーニャ州、マドリードがTOP3


2011年から2014年までの消費額推移は

2011年 18憶400万ユーロ

2012年 18億4千万ユーロ

2013年 18億6200万ユーロ

2014年 19億8千万ユーロ

と徐々に増加。


ファストフード市場での市場占有率の

第一位は、マクドナルド40.4%。 

次いでバーガーキング22.5%。 

スペイン企業のパンズ・アンド・カンパニーは4.4%、

サンドイッチのロディジャ(Rodilla)は3.5%と低迷している。 


また、ケンタッキー3.1%、サブウェイ1.9%。


ソースContador

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。