otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州新首相「我々の公約は『一方的な独立』ではなかった。」 TV3インタビュー

|


カタルーニャ州の新首相に選ばれた同州ジローナ元市長のカルレス・プッチデモン首相がスペインテレビ局TV3のインタビュー番組に出演、その中で新首相は、カタルーニャ州の独立に関して「そのようなことは予定していない。 我々の公約は『一方的な独立ではなかった。』と答えていたことが分かった。


州首相信任後初めてテレビに出演したプッチデモン首相は、独立の筋道として、「まずカタロニア憲法を起草、その後過半数以上のカタルーニャ州市民が新国家を支持するか(公式の)住民投票を実施する。と語った。 住民投票により、独立が支持された場合、カタルーニャ州の独立が宣言される。


カタルーニャ共和国に関して「我々は望んでいるが、それは私が計画した物ではない。」と語り、独立に関して慎重な姿勢を明らかにした。


2016年の予算案について新首相は、数か月中に議会で可決するだろうと答えた。


アルトゥール・マス前州首相について「人民統一候補(CUP)により、首相になれなかったのは、不当で不公平である。」と、不満を吐露。 政治家としての活動を終えるのか、このままCDCの党首として活動を続けていくのか、今後のマス前州首相の予定には言及をしなかった。


ソース

Puigdemont descarta una declaración unilateral y apuesta por redactar una constitución catalana

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。