otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード クリスティーナ・シフエンテ自治州政府首相 中国大使と協議へ(万達集団スペインビル改装工事中止の報道を受け)

|

(写真 ヨーロッパプレス スペインビルのファサード)

ヨーロッパプレスによると、14日、マドリードのシフエンテ自治州政府首相は、現地メディア(OK Diario)で報じられた、万達集団(ワンダグループ)が「スペインビル」の改装を断念し、資本を引き揚げるという情報を受け、情報の確認及び、改装を何とか続けるよう協力を求めることが分かった。


更に、シフエンテ首相はカルメナ市長に対して、なるべく改装の条件を緩くするよう要請するとのこと。


ヨーロッパプレスによると、中国大使は今回のスペインビルの件だけではなく、中国人観光客や、中国人投資家、マドリードに住む中国人に関しても話題を広げる予定。


万達集団(ワンダグループ)は2014年に2億6500万ユーロで購入したマドリードのランドマーク「スペインビル」をホテル、マンション、商業施設の入った複合商業施設に改装する予定であったが、市役所、及び自治州政府から、建物の正面及び側面を取り壊すことを禁止されていた。


ソース

Cifuentes hablará con el embajador chino del Edificio España

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。