otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

レアル・マドリ-ド、アトレティコ・マドリード、向こう2回の移籍市場で補強禁止処分を受ける

|



ヨーロッパプレスによると、FIFA規律委員会は14日、レアル・マドリ-ドとアトレティコ・マドリードに今後2回の移籍市場で補強禁止処分を課したことが分かった。 選手の販売は行える。


FIFAによると、外国人で未成年者の契約にいくつもの規定違反があったとし、今後2回の補強禁止処分及びアトレティコ・マドリードに約82万2千ユーロ、レアル・マドリ-ドに約32万9千ユーロの罰金、更に90日以内に違反している状況の解決を行わなければいけない。


違反が発覚したのは選手の補強市場をコントロールするFIFAトランスファーマッチングシステムを監視していた結果で、アトレティコ・マドリードは2007年と2014年に、レアル・マドリ-ドは2005年と2014年に数人の規定違反の未成年が出場していたとのこと。


ソース

Real Madrid y Atlético, castigados por la FIFA sin fichar hasta verano de 2017

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。