otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 下院議長、初めて野党から選ばれる PSOEパチ・ロペス元バスク自治州首相

|



プレスデジタルによると、13日、最大野党のスペイン社会労働党(PSOE)から下院議長が選ばれた。 元バスク自治州首相で、野党から下院議長が選出されたのは初めて。


最初の下院議長選出には過半数の176票が必要であったが、これに届かなかった。 2回目の信任投票では、パチ・ロペス(PSOE)と、議会に赤ん坊を連れてきたPODEMOS党のカロリーナ・ベスカンサとの決選投票となった。


結果、パチ・ロペスが130票(PSOE-89票、市民党-40票、新カナリアス党-1票)対ベスカンサ71票(PODEMOS党-69票、左翼連合-1票、他左翼-1票)


2回目の投票では148票の白票(与党国民党PP、少数会派等)があった。




ソース

Patxi López, presidente del Congreso en segunda votación sólo con el apoyo de PSOE y Ciudadanos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。