otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ペドロ・オラッチ反汚職検察官「クリスティーナ王女の刑事責任認められない。」

|


クリスティーナ王女の夫、イニャキ・ウルダンガリン容疑者を中心とする大規模汚職事件が11日からバレアレス地方裁判所で行われている。 王女を含む合計18人が汚職、マネーロンダリングなどの罪に問われている。


公判初日、弁護士と検察官らによる事実確認の結果、ペドロ・オラッチ反汚職検察官は、クリスティーナ王女には、夫と50%の比率で所持していたAizoon社の資金を管理しておらず、所得税の脱税する自覚があった証拠はないと考えていることが分かった。


また、州政府ヘスス・マリア・シルビア弁護士は,法曹集団マノス・リンピアスからかけられた容疑を、棄却するよう求めた。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。