otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 「誰か王女を殺して、お願い」ツイッターで禁固1年

|


ビルバオ在住の青年I.O.Gが、テロリスト行為の容疑で全国管区裁判所から禁固刑1年を受けた。 プレスデジタルによると、この青年は2014年2月に自身のツイッターで「¿Alguien puede pegarle un tiro en la nuca a la Infanta? Porfis」(誰か(クリスティーナ)王女を銃で殺して、お願い)と投稿していた。


また、このツイッターの投稿以外にも、バスク祖国と自由(ETA)によるテロ事件の被害者を侮辱するような発言も行っていたとして、全国管区裁判所検察部は、1年の禁錮刑以外にも、7年間公的機関で勤務が出来なくなるなどの刑(Inhabilitación Absoluta)を課した。




I.G.Oは、自分のブログで「ナチスはさらに酷いツイッターをしているにも拘らず、自分だけ刑罰を受けるのは、政治的な圧力があるからだ。」と書いている。


ソース

Un año de cárcel por pedir en Twitter "pegarle un tiro en la nuca a la Infanta, porfis"



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。