otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

北朝鮮の水爆実験をスペインでも報道

|


ヨーロッパプレスによると、6日、北朝鮮で検出されたマグニチュード5.1の地震発生後数時間で、北朝鮮国営テレビ「朝鮮中央テレビ」(KCNA)が小型水素爆弾実験の成功を報じたことが分かった。


発表によると、実験は安全で完全に成功し、環境に対する影響はないとのこと。


「今回の実験成功は、北朝鮮の核技術の高さを証明するもの。」「この国の有する核技術の高さに誇りを持ち、核抑止力という最も強力な手段を所有するのにふさわしい国民の精神を実証するものだ。」などと報道した。


地震を検出後、韓国の気象庁は人工的なものと指摘、これは当初日本の気象庁が発表していた「爆発」とは異なっていた。


韓国は震源地を2006年、2009年、2013年にも核実験が行われていた、核実験施設Punggye Ri(풍계리핵실험장)から48キロ地点と特定、 これを受け同国外務省は緊急会議を招集、状況の分析を行った。


一方アメリカ地質調査所(USGS)は震源地を首都平壌から376キロ地点と指摘、現在のところ犠牲者や被害はないと発表。


キム・ジョンウン(金正恩)第一書記は12月上旬に、核兵器以外にも、水素爆弾を開発したと発表していた。


北朝鮮の米国本土を狙える弾道ミサイルの開発及び核兵器の開発は、朝鮮半島周辺の緊張状態を悪化させている。


同日、韓国のテレビ放送で、北朝鮮は12月に潜水艦から発射できる弾道ミサイル(SLBM)の発射に成功したと報じている。


イギリスでロイターが報じたところによると、韓国が報道した弾道ミサイル(SLBM)開発に関して、確認が出来ないとし、平壌はこの種のミサイルを開発するまでまだまだ時間がかかるだろうと指摘した。


北朝鮮の友好国である中国政府は、今回の北朝鮮の水爆実験に関して、事前に知らされてい「ない」と、報道官は語った。



ソース

Corea del Norte asegura haber llevado a cabo una prueba con una bomba de hidrógeno



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。