otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード 58歳スペイン人男性を銀行強盗の容疑で逮捕

|

(写真 ヨーロッパプレス)


ヨーロッパプレスによると、4日、マドリード警察当局がスペイン国籍の58歳男性を銀行強盗の容疑で逮捕したことが分かった。


事件が起こったのは4日、14時15分頃で、マドリード市ベンジャミン・パレンシア通り。 通報を受けた警察官らが銀行を襲った犯人2人を玄関で待ち伏せした。 一人は銃を、もう一人は刃物を所持していたとみられている。


銀行の玄関から逃走を図った犯人らの内1人が、警官らに向かって銃を複数回発砲、鍵の付いていた警察車両に乗り込み逃走を開始。 もう一人の刃物を持った犯人は、別のルートで逃走した。


盗まれた警察車両を止めようと自治体警察のパトカー(Policia Municipal de Madrid)が行方を阻み、衝突した。 しかしその後また犯人の車両はすぐに発進、数メートル進んだところで他の国家警察(Policia Nacional)のパトカーが体当たりし、停車させた。


パトカーを運転していた男性はすぐに車両から出され逮捕された。 


男性はすぐにグレゴリオ・マラニョン病院に搬送され、警察が撃った銃弾で太ももに怪我、また、頭部に原因不明の怪我を負っており、重体と発表されている。


この逮捕劇で、別ルートで逃走していた刃物を持った犯人を取り逃がした模様、現在行方を追って捜査中とのこと。


この事件で国家警察官2名と、自治体警察官1名が軽傷を負った。


ソース

Detenido tras atracar un banco, robar un coche de Policía y recibir un balazo

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。