otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

サイバー犯罪者、医療機器のハックが主流になる可能性

|


ウォッチガード・イベリア・PALOPSのギエルモ・フェルアンデス氏によると、ブラックマーケットで盗んだクレジットカード情報を売るよりも医療機器や、医療個人情報を販売することで10倍以上の利益を上げることが出来ることが分かった。


ギエルモ氏によると、現在ハッカーは医療機器をハッキングするために目を向けていると語り、医療機器のハッカーに対する対策は十分でない、と語った。


「医療機器も日進月歩で、デジタル機器の影響を受け、”オンライン”機器として機能している。 しかし、それらの機器をハッカーの手から守る技術は後手に回っている。」とのこと。


ソース

Los ciberdelincuentes se centran en la sanidad


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。