otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャプレスが「2016年はクリスティーナ王女の裁判から始まる年。」と報じる。

|


2010年からカストロ予審判事により捜査が行われている、王室メンバー巻き込んだ大規模な汚職、横領事件「ノース事件」であるが、この事件の首謀者と見られているイニャキ容疑者の妻が、王室メンバーで、前国王の娘クリスティーナ王女である。 


クリスティーナ王女は、イニャキ容疑者と50%ずつの出資でAIZOON社を設立、公的資金や会社の資金などを自宅のリフォーム代金にするなど、横領の容疑がかけられており、昨年10月6日、バレアレス地方裁判所は今年1月11日朝に王女に対し出廷を命じていた。


ノース事件の概要は下から。

ノース事件 王女を巻き込んだ汚職事件

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。