otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

元マドリード市役所PSOEスポークスマンのカルモナ「私はペドロ・サンチェス党首側ではない。」

|


プレスデジタルによると、31日、マドリード市役所のPSOE元スポークスマンのアントニオ・ミゲル・カルモナ氏がANTENA3テレビ局に出演、スペイン総選挙でのスペイン社会労働党(PSOE)の大敗を受け「誰かが責任を取らなければならない。」と語ったことが分かった。


また、2月末に行われる予定のPSOE党大会に関して「国内には20万人以上の党員がいる。 マドリードだけでも1万5千人いる。 我々は党大会を実施し、”決定”する。」と語り、ペドロ・サンチェス党首の更迭をほのめかした。


また、12月29日にPSOE主要メンバーにより行われた”夕食会”について「PSOEの将来を意見しあうために、マドリードで行われた、友人たちとの夕食だった。 人が集まり、話し合った。 誰もPSOEが第4党にまで成り下がりたいとは思わない。 夕食会では、党大会の(延期無しの)実施を求めた。」


ソース

Carmona: "No estoy con la postura de Pedro Sánchez"

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。