otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 今年最後の閣僚会議 マリアノ・ラホイ暫定首相「今年のGDP成長率3.2%」

|


マリアノ・ラホイ暫定首相は29日、今年最後の閣僚会議を行った。 その後の記者会見でラホイ暫定首相は「安定と信頼を新政府に望む」と語った。


また、どの政党に向けて語ってはいないが「単一国家を守るために、スペイン国が欧州連合内に留まることが出来るために、力強い成長のために、テロリストとの戦いのために、重要な合意が出来る。」と語り、スペイン社会労働党(PSOE)と市民党(Cs)との連立政権の希望を暗に語った。


「独立賛成派は参加することが出来ない。」「スペインを分割するように試みる政党とは協議を行わない。」カタルーニャ州で行われた人民統一候補(CUP)の党大会についても言及「災厄だ。」と一刀両断。(党大会では、マス氏の再選を支持するかの党投票を行い、「賛成」「反対」がどちらも1515票となった。)


マリアノ・ラホイ暫定首相はスペインの経済状況に関して、今年一年を振り返った。 暫定首相は、7月に予測値としてスペイン銀行(中央銀行)から発表されていたスペインのGDP成長率3.3%より0.1%低い3.2%の成長率と発表。 「今年のスペイン経済は失業率及びGDP成長率ともに素晴らしい結果を残して終わることが出来た。」と語った。


ソース

Rajoy propone un gobierno de amplio espectro con quien defiende la unidad nacional

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。