otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 双子が生まれる確率世界第三位

|



プレスデジタルによると、双子が生まれる確率がスペインは世界第三位で4%前後であることが、ラ・パス病院のマリア・デ・ラ・カイジェ医師により分かった。 双子が生まれる確率の世界平均は1%から1.5%であることから、スペインは平均値よりかなり高い。


ヨーロッパプレスのインタビューに答えたマリア医師によると、「スペインは(妊娠する確率を高めるため)2つ以上の胚を頻繁に移植する。 スカンジナビア諸国などは2つ以上の移植は違法とされている。」と、体外受精による可能性を指摘。


また、妊娠の高齢化も指摘、「スペインは年々妊娠する年齢が高齢化しており、35歳を皮切りに双子を妊娠する確率が上がる。」とのこと。


マリア医師他専門家らは「双子を妊娠したら」というマニュアル本を発刊した。


ソース


España es el tercer país del mundo con nacimientos de gemelos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。